「NHKキッズ」アプリの問題点を紹介

教育・おもちゃ
この記事は約6分で読めます。

この記事では「NHKキッズ」の使い方とメリット・デメリット、使用上の問題点をまとめて紹介しています。

朝と夕方にNHKにお世話になっている親は多いのではないでしょうか。

私たち家族も夕方の時間帯はNHKの教育番組しか見ていません。

なにより驚かされるのは、0歳と2歳の子供がしっかり釘付けとなってしまうことです。

今回はこの教育番組がアプリとなって登場した「NHKキッズ」について使用してから感じた問題点を含め紹介します。

スポンサーリンク

「NHKキッズ」とは?

3歳から7歳を対象としたNHKの教育番組をスマホで見ることができるアプリです。このアプリには2つのテーマが存在します。

  • テレビ:教育番組の「歌」や「物語」を楽しむ
  • あそび:非認知能力向上に向けた「作る」などを楽しむ

同じ教育番組でもテーマがそれぞれ割り振られており、このアプリはそれぞれのテーマを好きな時間に好きなだけ見ることが可能です。

非認知能力とは「最後までやり抜こうとする力」、「人とうまくコミュニケーションする力」、「感情をコントロールする力」などを指します。

スポンサーリンク

NHKキッズ登録・使い方を説明

このアプリは無料ですので、アプリをダウンロードすればすぐに使えます。

今回は使う前の登録から使い方について簡単に紹介していきます。

アプリのバディ(仲間)を作る

バディ選択画面を紹介
5種類のバディがいます。

5種類のバディから好みの1体を選択します。

これはプロフィールから変更可能です。

子供一人一人を区別するためのアイコンといった立ち位置ですので、どのバディを選択しても変化はありません。

バディを選択したらニックネームをつけましょう。

クラス年齢・学年を選択する

年齢選択画面の画像
6つの年代から選択します。
  • 年少(3歳児)
  • 年中(4歳児)
  • 年長(5歳児)
  • 小学1年
  • 小学2年
  • 小学3年以上

6つのコースから選択します。

アプリの内容は変わりませんが、小学3年以上のみ最初に表示される選択画像が異なります。それ以外に大きな差はありません。

使う時間を「約束」する

使用時間についての紹介
10分から60分まで10分刻み

アプリを使用する時間を子供と約束することができます。

時間は10分おきで最短で10分、最長で60分となっています。

時間になると強制的にアプリが終了となるので、最初の選択時間を含めると10分では若干短すぎるかもしれません。

観たい動画を選択する

NHK教育番組で見られる24番組から好きな動画を選択します。

選択できる番組名は

  • ノージーのひらめき工房
  • ピタゴラスイッチ
  • ミミクリーズ
  • しぜんとあそぼ
  • こどもにんぎょう劇場
  • おはなしのくに
  • おばけの学校たんけんだん
  • 新ざわざわ森のがんこちゃん
  • Why!?プログラミング
  • えいごでがんこちゃん
  • で〜きた
  • ストレッチマンゴールド
  • スマイル
  • パプリカ
  • オトッペ
  • おかあさんといっしょ
  • みいつけた
  • にほんごであそぼ
  • シャキーン!
  • ゴーゴーキッチン戦隊クックルン
  • えいごであそぼ with Orton
  • おとうさんといっしょ ミニ
  • ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!
  • デザイン あ

この中で月ごとに配信が変化します。例えば「おかあさんといっしょ」なら月のテーマ曲が月ごとに変わるということです。

スポンサーリンク

「NHKキッズ」のコンセプト

10の姿を紹介
10の姿は「指針」です。

幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」を目標にアプリが構成されています。

これは「方向性」であって達成すべき「課題」ではありませんが、こども園や幼稚園、保育園でも指導の際に考慮しているものとされています。

  1. 健康な心と体
  2. 自立心
  3. 協同性
  4. 道徳性・規範意識の芽生え
  5. 社会生活との関わり
  6. 思考力の芽生え
  7. 自然との関わり・生命尊重
  8. 数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚
  9. 言葉による伝え合い
  10. 豊かな感性と表現

この「10の姿」がこのアプリのコンセプトとなっており、テーマに合わせた構成が成されています。

よってこのアプリは「NHKの番組を楽しむ」ではなく「周りの大人が何ができるか」を考えることが目的となります。

「10の姿」の詳細はアプリにも記載されているので、アプリをダウンロードしたら一読してみてください。

スポンサーリンク

「NHKキッズ」のメリット

子供と丸印
教育を楽しめる!
  • 歌や工作などの動画を楽しみながら学べる
  • 約束の終了時間が厳密
  • アンロックが「かけ算」

それぞれ紹介していきます。

歌や工作などの動画を楽しみながら学べる

「つくる」のテーマ紹介
「つくる」のテーマ

ピタゴラスイッチや「つくる」をテーマにした動画には年齢に合わせさまざまな「学び」が存在します。

子供の視聴レポートでなにを見ているかもチェックできるので、普段一緒にNHKを見れないのであればこういった情報も子供を知るきっかけになってくれます。

その情報を元に子供と一緒に何かをつくることで「学び」につなげることができるのがこのアプリのメリットの1つです。

約束の時間が厳密

約束の時間を紹介
時間になるとこの画面になります。

このアプリの約束の時間は厳密で、「約束の時間直前の動画は最後まで観れる」などの優しさはありません。即終了です。

この厳しさが子供の「約束を守る」キッカケになってくれたりします。

我が家でも長男は終了したらちゃんと持ってきて「終わったよ!」と教えてくれるようになりました。

アンロックがかけ算

ロック画面紹介
アンロックにはかけ算が必要です。

時間の延長やプロフィールの変更などはロックを解除しておこなわなければなりません。

これがパスワードではなくかけ算というのも子供アプリならではではないでしょうか。

さゆあと
さゆあと

パスワードわすれちゃったよ!

などの煩わしさもなく、子供も解除できない優れたロック機能がこのアプリにはあります。

スポンサーリンク

「NHKキッズ」のデメリット

子供とばつ印
外ではあまり見れない!
  • ダウンロード機能がない
  • 「ストーリー」はほぼない

それぞれ紹介します。

ダウンロード機能がない

このアプリにはダウンロード機能がないので、Wi-Fi環境でなければ「ギガ泥棒」にあいます。

また視聴期間延長もないので、月末まで楽しんでいた歌が突然終了したりするので、こだわりの強い子供には注意が必要です。

「ストーリー」はほぼない

日本昔ばなしなどの話はちらほらありますが、「おかあさんといっしょ」なら「歌のみ」だったり、「オトッペ」ならエンディング曲のみだったりします。

このアプリでNHKの番組を楽しむことはできません。

スポンサーリンク

NHKキッズの最大の問題点!

  • 毎月情報を削除しないとエラーが生じる!

月毎に内容が変化することは紹介しましたが、じつは内容が変化しても履歴やお気に入り登録からは削除されない仕様となっています。

これが大問題でその番組を選択するとエラーメッセージが出現し、ロック解除するまで操作不可能になってしまいます。

NHKキッズ エラーメッセージ
この画面になったらロック解除以外操作できません!

ロックを解除してしまうとホームへ強制的に戻されるため、約束の時間の初期化などの障害が生じます。

これを解除する方法は2019年7月現在「登録情報の削除」しかありません。

つまり毎月登録情報を削除する必要があります

この仕様がいつまで続くかわかりませんが、早期対応を切に願います。

さゆあと
さゆあと

10分に設定しても戻されたらなんの意味もありません。

スポンサーリンク

さいごに

良いアプリなだけに残念です。

教育番組で自分の見たい番組が見れない親にも密かに活躍しそうなアプリです。

スマホの見過ぎと同じく親もスマホやテレビの見過ぎかもしれません。

一緒に楽しみながら子供の成長をうながしましょう。このアプリはそれができる1つのきっかけになると思います。

さゆあと
さゆあと

大問題が修正されることを願います!