【1期】五等分の花嫁 1話の感想【五等分の花嫁】

この記事は約5分で読めます。

この記事ではアニメ「五等分の花嫁」第1話の感想をキャラクター紹介とともに私見たっぷりでまとめています。

みなさんアニメは見ていますか?

私は毎日dアニメを使ってアニメを見ています。もはやテレビをみるよりアニメを見ている時間の方が長いと言っても過言ではないでしょう。

今回紹介するアニメは2期が決定し、展示会が開催されるほど人気の「五等分の花嫁」です。

さゆあと
さゆあと

2019年3月に1期は終わっていますが、まだみていない人はぜひ一度見てみてください!

スポンサーリンク

五等分の花嫁とは?

  • 週刊少年マガジン連載(2017年から)
  • 著者:春場ねぎ
  • 発行所:講談社
  • アニメ:2019年1月から3月の全12話
  • OP:五等分の気持ち(中野家の五つ子)
  • ED:Sign(内田彩)

花嫁がでてきますが、物語の舞台は「高校」です。花嫁関連の話ではありません。

「五等分」とは五つ子の女の子を指し、個性豊な五つ子のバカと1人の天才が「勉強」を通じて出会い、恋をしていくといった流れになります。

登場人物をざっくり紹介していきます。

上杉風太郎(CV.松岡禎丞)

上杉風太郎画像
家族と勉強以外に興味なし。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

天才。基本的に全教科満点を毎回とるほどの勉強オバケ。

家庭に借金があり、バイトをしながら勉強をする生活をおくっている。

父親の紹介で家庭教師をすることとなるが、一人1日5000円という報酬はかなりおいしい話だし、実際土日のみでも1月20万稼げる。この設定は厳しいのでは?といった感想。

中野一花(CV.花澤香菜)

中野一花画像
外ではしっかり者。家ではだらしない。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

長女。夢追いバカ。風太郎を「フータローくん」と呼ぶ。

アシンメトリーのショートヘアと右耳のピアスが特徴。

1話では一番だらしないといった感想。

中野二乃(CV.竹達彩奈)

中野二乃画像
家族に優しく、他人に厳しい。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

次女。身内バカ。風太郎を「上杉」と呼ぶ。

姫カットのスーパーロングヘアと蝶にようなリボンを使ったツーサイドアップが特徴。

1話から一番キツイ印象で登場。キツイにはちゃんと理由があるが、1期のアニメだけでは結局キツイ子といった感想。

中野三玖(CV.伊藤美来)

中野三玖画像
5人の中では一番ダルそうに話す。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

三女。卑屈バカ。風太郎を「フータロー」と呼ぶ。

右目が隠れる斜め分けのセミロングと青いヘッドホンが特徴。

1話の雰囲気では根暗だなといった感想。

中野四葉(CV.佐倉綾音)

中野四葉画像
なぜか初めから風太郎に協力的。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四女。脳筋バカ。風太郎を「上杉さん」と呼ぶ。

ボブカットにウサギ調のリボンが特徴。

1話ではよく他人にそこまでグイグイいけるなぁと思うほど積極的。この子が一番バカ。

中野五月(CV.水瀬いのり)

中野五月画像
言葉のチョイスを少し間違えただけで拒否してくる頑固者。
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

五女。真面目バカ。風太郎を「上杉くん」と呼ぶ。

唯一のくせ毛でロングヘアー。頭頂部にあるアホ毛と星柄のヘアピンが特徴。

主人公である風太郎と同級生。この子はとにかく頑固でキツイといった感想。

スポンサーリンク

1話:五等分の花嫁 あらすじ

単行本1巻の第2話途中までがアニメ1話です。

1番はじめの出会いは五月。

五等分の花嫁アニメ画像
100点のテストを見られたシーン。アニメより抜粋
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

食堂でたまたま相席だった五月にテストの点数を見られ、勉強を教えてほしいと頼まれますが、肯定も否定もせず食事の話で終わります。

その後家庭教師の話が風太郎に伝わり、対象が五月であることに気づいた風太郎は翌日食堂で接触を図りますが、五月は他の4人と食事をしておりうまくいきませんでした。

そのタイミングで一花にからかわれ、四葉につきまとわれますが、「五月の友人」と思っていた風太郎はそれぞれをあしらい、帰宅時に五月に再度接触を試みます。

このタイミングで三玖と二乃にストーカーと勘違いされますが、なんとかこの二人をかわし、マンションで五月に接触した風太郎は「自分が家庭教師」だと告げます。

五等分の花嫁アニメ画像
そんなに衝撃的な話?というくらいの驚愕。アニメより抜粋
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

するとそこに4人が集まってきて初めて「五つ子」だと知り、家庭教師の対象が「5人いる」ことを知るのです。

はじめに五月との会話で勉強を教えることについて否定しなかったのに、四葉以外は全員家庭教師を拒否し、ついには犯罪すれすれのやり方で強制帰宅させられます。

五等分の花嫁アニメ画像
睡眠薬で強制帰宅をさせた犯人。アニメより抜粋
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

はたして風太郎は家庭教師を務めて借金返済できるのか!?

アニメでは端折られていますが、家庭教師の条件は「5人を卒業まで導くこと」と中野家の父親から提示があります。つまり風太郎は謝金返済のためのバイトとして5人の家庭教師を続ける理由があり、最終目標は「5人の卒業」となります。

スポンサーリンク

1話の感想

五等分の花嫁画像
©️春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

ヒロインとして登場する人物が5人もいるので、どちらかというと紹介に比重を置いた内容となってしまいます。アニメは時間の制限というのは大変ですね。

本で見ていたキャラクター像と声優さんがマッチしていて、漫画では感じられない良さがアニメにはあります。

1話の段階で私的に一番印象が良いのは一花でした。

それにしても、五月の頑固さは凄まじいですね。同級生として一番接点があるのに、今のところ花嫁の可能性が一番低いです。

5人の中で1人が風太郎と結婚する結論がわかっているだけに、1話だけでは四葉以外ありえないといった感じで、今後が楽しみです。

2話から徐々に進展していくので、何度も見返す私ですが1話はほとんど見ていません。2話以降もお楽しみに!